Chromeが重いのは32bit版使ってるから?64bit版Chromeを導入して快適ブラウジング!

s-1024px-Chrome_Logo.svg

最近Googleの提供している「Chrome」が重かったり、フリーズしてしまったり、なんだかなー。って事はありませんか?

もしかしたら、インストールされている「Chrome」は32bit版かも。

因みに私も32bit版の「Chrome」を使用していたのですが、タブを沢山開くとフリーズしてしまう事がありました。

困ったもんだなと調べると「Chrome」の64bit版がある事を知ったのでインストールしたのを覚えています。

ただ、64bit版のChromeは手動インストールとなります。

手動と言っても難しくはありません。

Chromeをインストールする前に64bitを選択してあげるだけです。

現在はChromeの日本サイトからもインストールが可能なので、手順を解説します。

スポンサーリンク

64bit版Chromeの特徴。

  • パフォーマンスが25%向上
  • セキュリティーの強化
  • フリーズなどのクラッシュが半減
  • 拡張機能やブックマーク等、自動で引き継いでくれる

私は32bit版Chromeをアンインストールしてから64bit版Chromeをインストールしましたが、拡張機能やブックマーク等は自動的に64bit版Chromeに引き継がれていました。

もし拡張機能が64bitに対応していない場合、使用できない可能性もあります。

とは言いましても、かなり魅力的な特徴となっていますので、是非64bit版Chromeをお試しください。

64bit版Chromeインストール前の注意事項。

Chromeの64bit版を利用するには、OSが64bitである必要があります。

Microsoftの公式サポートサイトにOSのbitを自動検出してくれるサポートページが有りますので、ご自身のOSが64bitかご確認ください。

画像下に公式サポートサイトのリンクを貼っていますので良かったらどうぞ。

s-Chrome10

コンピューターは、32 ビット版または 64 ビット バージョンの Windows オペレーティング システムを実行しているかどうかを確認する方法

Microsoft社より引用

※表示に少し時間がかかります。

 使用中のChromeが32bit版であることを確認。

既にChromeの64bit版が導入されている場合インストールは不要です。

パソコンのChromeからバージョン確認ページで確認して下さい。

以下をコピーしてブラウザに貼り付けてエンター。

chrome://chrome/

s-Chrome8

赤枠で囲ったバージョンの最後に64bitと表記されていればChromeは64bit版です。

画像のように64bitの表記がなければChromeは32bit版です。

64bit版のChromeをインストール

以下のリンクより64bit版Chromeがダウンロード出来ます

Google Chromeダウンロードサイト(日本)


s-Chrome3

↑『別のプラットフォーム向けのChromeをダウンロード』をクリック。


s-Chrome4

↑『Windows8/7 64-bit』をクリック。

※私のパソコンはWindows8.1ですが、『Windows8/7 64-bit』で問題なく動作しています。


s-Chrome5

↑『同意してインストール』をクリック。


s-Chrome6

↑インストールが始まります。

※自動でインストールが始まらない場合は、ブラウザ左下にダウンロードしたファイルが表示されるのでクリックしてください。


インストール後は再起動。

これは私が実際に64bit版Chromeのインストール作業をしていて確認できたことなので、皆さんに当てはまるか分かりませんが良かったら参考にしてください。

私は最初に64bit版Chromeをインストールした際に、タスクマネージャーでのChromeが以下のようになっていました。

s-Chrome2

あれ!?32bitのままだぞ。ってことで、パソコンを再起動したところ。。。

s-Chrome7

無事に32bit表記が消えて64bit版に切り替わった事を確認することが出来ました。

64bit版Chromeが無事にインストールされたことを確認する。

インストール前にChromeのbitを確認した「Chromeバージョン確認ページ」で確かめてみる。

以下をコピーしてブラウザに貼り付けてエンター。

chrome://chrome/

s-Chrome9

(64-bit)表記が出てきました。

無事に64bit版Chromeへ乗り換えることが出来ました。

64bit版Chromeまとめ

私はChromeで作業をしている時に、Chromeがフリーズしてしまって作業中のデータが消えてしまった事から、色々調べて64bit版Chromeが安定してると分かり導入しました。

64bit版Chromeにすることにより、Chromeが使用できるメモリーの上限が開放されるので、沢山のタブを開いたりしても落ちにくくなるってことなんです。

それ以外にもFlashに強くなったり、動作がサクサクになったり、かなり魅力的な64bit版Chrome。

OSが64bit版の方はChromeも64bitにしてみましょう!

おまけ:Chromeアンインストール時の注意点。

とは言いましても、64bit版Chromeにして、やっぱり32bit版のほうが良かったって事もあるかもしれません。

特に拡張機能を利用されている方は、64bit版Chromeでは対応していない!って場合も十分ありえます。

64bit版Chromeをインストール後に、32bit版Chromeをインストールする場合は、「一旦、64bit版Chromeをアンインストール」してから32bit版Chromeのインストール作業を行ってください。

何故か64bit版Chromeがインストールされた状態だと「今入ってるChromeのバージョンが一緒だからインストール出来ないよー。」ってガイダンスが現れます。

又、プログラムのアンインストールでChromeをアンインストールする際、以下のアナウンスが出る場合があります。

s-Chrome11

アナウンスが出た場合は、タスクマネージャーに表示されるChrome関連のプログラムを全て右クリックで選択して停止させてください。

s-Chrome12

これで、アンインストールが出来るようになります。

それでは快適なネットサーフィンを!

スポンサーリンク