Google検索でもAndroid端末を探せるようになったので試してみた。

s-CB_0031

自宅などでスマートフォンを無くしてしまった時に役に立ちそうなGoogleの新機能が発表されました。

米Googleで4月15日にPCのGoogle検索で「find my phone」と検索すると、Android端末を探すことの出来る機能が追加されたので、早速使ってみました。

スポンサーリンク

端末を探す前に注意点。

以下の条件を満たすとGoogle検索で端末を探すことが可能です。

  • スマートフォンと同じGoogleアカウントを使用してPCのブラウザにログイン
  • ランゲージ設定はEnglish
  • アカウント名が英数字。(日本語アカウント名の対策は後述)

Chrome・IEのブラウザーで動作を確認済みです。

ランゲージ設定が日本語のままだと、「find my phone」と入力しても機能しません。又、アカウントが日本語の場合は検索できません。

早速「find my phone」と検索してスマートフォンを探してみます。

ブックマーク用リンクを作成しました。手順が面倒くさい方はどうぞ。

これから解説する言語の設定や「find my phone」の文字入力済みです。アクセス後サインインで利用できます。

今回はInternet Explorerを使用してログアウトした状態から解説します。

以下のリンクよりGoogle検索へアクセス

Google検索で「find my phone」を検索

s-CB_0028

言語が日本語なので機能しません。言語が日本語の場合ウェブ・動画・画像・・・とタブが日本語で並んでいます。

s-CB_0029

言語を英語にするために画面右上の歯車マークから「言語(Languages)」を選択。

s-CB_0017h

Englishを選択して保存。

s-CB_0018h

再度、Google検索で「find my phone」を検索すると検索結果の一番上のマップにスマートフォンの位置が表示されます。

s-CB_0020

Ringボタンを押すことにより、端末を最大音量で鳴らすことが可能。

新機能はパソコンのGoogle検索で、端末の位置と最大音量で端末を鳴らす事が出来るようです。

s-CB_0020h

マップをクリックすると「Androidデバイスマネージャー」に移行します。

s-CB_0021

「Androidデバイスマネージャー」では先ほどと同じく、端末を鳴らしたり・・・

s-CB_0022

遠隔でロックをかけたり・・・

s-CB_0023

端末を初期化する消去機能が使えます。

s-CB_0024

Googleアカウントが日本語の場合は「Androidデバイスマネージャー」を使おう。

残念ながら、Google検索で端末を探す場合、英数字のGoogleアカウントでなければ利用できません。

Googleのアカウント名が日本語の場合「Androidデバイスマネージャー」を利用しましょう。

Google検索でAndroidのスマートフォンやタブレットを探す場合、今までは「Androidデバイスマネージャー」を利用していましたが、「Androidデバイスマネージャー」という言葉が分からなかったり、いちいち「Androidデバイスマネージャー」にアクセスしたりする必要が無いのはとても便利だと感じます。

ただ、現在は言語が英語の環境下でないと機能しないので、わざわざ言語を英語にして「find my phone」と打ち込む手間を考えると、日本語環境下では「Androidデバイスマネージャー」を利用したほうが手っ取り早いです。

日本語環境下でも例えば「スマホを探す」や「スマートフォン無くした」などで利用できるようになれば、バタバタしてる時にスマートフォンが見つからなくても、サクッと検索して見つけ出せるようになるので、今後の対応に期待です。

ブックマーク用リンク

スポンサーリンク