4/24に発売。Apple Watchでライフスタイルがどのように変化するか。

15191665552_34e8f05485_b
photo credit: Apple 2 via photopin (license)


腕時計はIce Watchを愛用中のGARUです。

絶対「iWatch」という名称で発表されると思ってたのにまさかの「Apple Watch」でしたが、遂に4月10日より予約が開始され4月24日に販売開始となります。

そんな話題のガジェット「Apple Watch」が私達の生活をどのように豊かにしてくれるのかが気になります。

AppleWatchコンセプト動画

スポンサーリンク

AppleWatchの外観とスペック

さて、様々な情報が出揃った現時点でのAppleWatchの情報をまとめてみました。

3種類のタイプで販売。

ike_140910applewatch21

各モデルに2種類のサイズ展開。

AppleWatch

外観はステンレススチールケースを採用。

ディスプレイには超硬質サファイアクリスタルでしっかりと画面を守ってくれます。

バンドには上質なレザーバンド。耐久性の高いポリマー製バンド。研磨加工されたステンレススチールバンドから選べます。

AppleWatch SPORT

外観はシルバーまたはスペースグレイの酸化皮膜処理されたアルミニウムを採用。

ディスプレイは軽くて強靭なIon-Xガラスディスプレイでガッチリとディスプレイを守ります。

バンドには耐久性の高いフルオロエラストマー製。華やかな5種類のカラーから選べます。

AppleWatch EDITION

外観は標準的な金と比べて最大2倍の硬さを持った18Kイエローゴールドまたはローズゴールドのケースを採用。

ディスプレイには超硬質サファイアクリスタルでしっかりと画面を守ってくれます。

バンドには18Kのケースを印象的に引き立たてるようにデザインされたバンドとバンプス。

販売価格

ストアで確認した所、\42,800から\2,180,000とかなり幅があります。

各モデルによる価格の違いとディスプレイサイズの違いからではありますが、かなりプレミアな価格設定ですよね。

スペック

スペック的には、外観での素材やそれに伴う重量以外は共通のようです。

  • Digital Crown
  • 心拍センサー、加速度センサー、ジャイロスコープ
  • 環境光センサー
  • スピーカーとマイクロフォン
  • Wi-Fi (802.11b/g/n 2.4GHz)
  • Bluetooth 4.0
  • 最大18時間駆動するバッテリー
  • 耐水仕様

気になる部分は防水ではなくて耐水仕様ということですね。もちろん水に対しては耐水(耐える)よりも防水(防ぐ)のほうが水には強いです。

間違ってもAppleWatchを付けたままプールや海には入らないように気をつけましょう。

AppleWatchの特徴。

さて、スマートウォッチは様々な企業から出ていますが、AppleのAppleWatchはどのような特徴があるのか探ってみます。

iPhoneと連携して使える。

iphone6-applewatch_m

当たり前だろ!と思うかもしれませんが、すべてのiPhoneと連携出来るわけではありません。

AppleWatchと連携できるのはiPhone5以降のiPhoneが対象です。

又、iOS 8.2で「Apple Watch APP」が追加され「Apple Watch APP」から設定やアプリインストール等を行うためiOS 8.2にアップデートする必要があります。

連携することにより様々なことが出来るようになります。

iPhoneとの連携機能は豊富。

iPhoneに届いたメッセージの表示、またメッセージに対しての簡易返信出来ます。

定型文や絵文字、音声を使った返信にも対応しています。

また、既読、未読マークをつけたりゴミ箱に入れるなどの操作も可能です。

かばんにiPhoneを放り込んでいても、メッセージの有無が確認できるのはありがたいですね。

定型文に「メッセージ確認しました。すぐに返事ができないので後ほど返答します。」などと登録しておけばさくっと返信ができるのもいいですね。

その他にもiPhoneのカメラビューファインダーやAppleTV、iTunes、Siri、そしてApple Payにも対応。

デジタルクラウンと呼ばれるダイヤルが操作をスムーズにする。

apple_watch_announcement_3

AppleWatchには本体右側に大きな「デジタルクラウン」と呼ばれるダイヤルが備わっています。

「デジタルクラウン」を回転させることにより、表示画面の変更やスクロールが出来ます。これは小さな画面をスムーズに操作するためでもあります。

Degital Touch(デジタルタッチ)機能を搭載。

4f9ec2e9

Degital Touch機能とはAppleWatch同士がコミュニケーションを取るための機能です。

スケッチ

画面に絵や文字を書くいて送ることが出来ます。絵や文字を書く過程も見ることができるので楽しそうですね!

タップ

画面をタップすることで相手のAppleWatchにタップが伝わります。

相手によってタップをカスタマイズできます。

ハートビート

画面に日本の指を押し当てると心拍センサーが心拍ビートを読み取り相手に送信します。あなたのドキドキが相手に伝わるんですね。

どれもこれも学生カップルの姿が思い浮かぶ私はなんだか切なくなりました。

ちくしょう!!!!

一日もつパワフルなバッテリー。

flow_endframe

公式ページではこの様に説明されていました。

省電力モード

最大72時間ものバッテリー駆動が可能なようです。ただ、省電力モードは様々な機能制限がなされるので、省電力時の動作が設定できればありがたいですね。

連続通話

最大3時間可能。でも私はAppleWatchで長電話しないと思います。スマートフォンで電話したほうが楽です。

充電

80%充電するのに必要な時間は1.5時間。充電にはマグネットで端末と充電コードをペタッと貼り付ける感じです。

連続駆動時間

90回の通知に45分間アプリケーションを使用、30分の音楽再生を伴うエクササイズの想定で18時間連続駆動します。

小さな本体でこれだけの駆動時間はとっても頑張ったと思います。ただ、ヘビーユーザーには物足りなく一日は持たないと思います。24時間は連続駆動してほしいと私は思いました。

AppleWatchの欠点。

20140912_applewatch08

iPhoneなしでは使えません。。。

AppleWatchを購入したらまずiPhoneとペアアリングして、アクティベーション作業が必要となります。

AppleWatchを購入してもiPhoneがなければ高級腕時計としても使えません。

iPhone家に忘れたらどうなるの?

通信しないAppleWatch単体で機能するアプリケーションは使うことが出来ます。

iPhoneとはBluetooth接続なので、接続範囲にiPhoneがない場合も高級腕時計になってしまいます。もちろんiPhoneの充電が切れた時も同様です。

Appleユーザーは買うしかない!!!

さて、色々探ってきましたがいかがだったでしょうか?

Appleの製品はハードとソフトウェアが高次元で融合し、スペック以上の体験を提供し続けて来ました。

そして、Appleは自社の製品同士を強力に連携させ、さらなる体験を私達にもたらしてくれると信じています。

Apple大好きなあなた!

これはもう購入してスタバでドヤるしかないですよ!!!

ライフスタイルは激変する!?様々な変化を妄想してみた。

どこまでのことが出来るかは現物をゲットしなければわからない。

しかし、iPhoneと強力に連携されたデバイスが常に腕に巻きつけられている。

今までは時計やアクセサリー専属だった腕が一気にハイテクデバイスの固定箇所になるのである。

やはり様々な通知が確認できることがとても魅力です。利便性を考えればiPhoneで操作したほうがいい部分は沢山あり、現時点ではかばんにiPhoneを放り込んだ状態でもAppleWatchで確認できることが一番の魅力に感じます。

そしてメッセージの簡易返信。これも有用な機能の一つだと感じました。メールが来たらAppleWatchが通知を知らせてくれて、そのままサクッと簡易返信。とってもスマートじゃないですか。

最近大型化が止まらないスマートフォン。iPhoneも例外ではないですよね。

大型化に伴い手帳型ケースが人気ですが、あれ面倒なんですよね。デバイスを使うときにカバーを開くアクションが一つ増えますし、かばんなどに放り込んでる場合は本当に面倒くさい。

通知がなるたびに画面を確認しなくては内容が分からなかったことが、AppleWatchによってスムーズに確認でき、重要な通知でなければスマートフォンを取り出す必要もない。

ただこれだけでも私はAppleWatchがほしいですね。

でも私、iPhone持ってないんですけどね。

スポンサーリンク